· 

パーソナルカラーが春の人の特徴

パーソナルカラーが春の人の特徴

こんにちは!

福岡でイメージコンサルタントをしているSumireです。

 

日はパーソナルカラーが春、つまり、スプリングの方の特徴について書きますね。

あなたの特徴は当てはまっていますか?

 

スプリングさんは黄みの、明るい鮮やかなブライトカラーがお似合い

 

スプリングさんは黄みを帯びたベージュやオークルの肌、

コーラルピンクの頬、

明るめから暗めのブラウンの髪、

明るめから暗めのブラウン、またはブラックの瞳、

黒目と白目がはっきりとしていて、

肌・髪・目、ともに艶やかなのが特徴です。

  

 

《黄みの、明るく鮮やかなブライトカラー》

がお似合いになります。

 

まさに、キラキラ光る日差しの中の

春の新緑と、色とりどりのお花畑のイメージです。

バナナ、オレンジ、ピーチ…といったフルーティーカラーもスプリングさんのお得意カラーです。

パーソナルカラーがスプリングの人の印象

そんなスプリングの人は、

・明るい

・若々しい、フレッシュな

・親しみやすい

・かわいい、プリティな

・活動的、アクティブな

・生き生きした

・キュート

・あまい

・カラフルな…

イメージの方々が多いです。

パーソナルカラーが春の芸能人は?

芸能人でいうとこんな方々。

モデルのSHIHOさん、上戸彩さん、井川遥さん、永作博美さん、YOUさんなど。

何となく、スプリングなキラキラとしたイメージがしますよね?

 

あなたと似た印象の人を見つけてコーディネートの参考にしてもいいですよね!

スプリングさん得意と不得意

そんなスプリングの人は、

 

・温かみのある

・明るい

・澄んだ

 

色を着ると、血色が良く、健康的に若々しく見えます。

つまり、スプリングの特徴を存分にいかすことができます。

 

逆に、青みの強い色だと、

青ざめて不健康そうに見えたり、寂しそうに見えりしてしまいます。

暗すぎる色だと、

影が濃く入り、陰気で険しく見えたり、シミやシワが目立って老けて見えることも!

濁った色は、せっかくの肌のツヤを消し、地味な印象にしてしまいます。

16タイプパーソナルカラー診断

スプリングの色、

もちろん、これ、全部似合うのですが…、

スプリングの色でも

「薄い色だと何だか顔がぼやけるわ…。」

とか、逆に

「はっきりとした鮮やかな色だと、服の印象に顔の印象が負けてしまう。」

なんてことはありませんか?

16タイプパーソナルカラー診断では、各シーズンをさらに4つのグループに分けていきます。

16タイプ別カラーコーディネートのポイント

【全体的に色素が薄く、優しくかわいい印象】のあなたは

 

くすみのない黄みの薄い色。クリアなパステルカラーがお似合いになります。

ライトベージュやサンド、アイボリーホワイトといったカラーをベーシックカラーに、

ピーチ・クリームイエロー・ライトオレンジ・ライトグリーン・ライトアクア・ライトバイオレット…という 

優しい色で、コントラストをつけない軽やかなコーディネートがおすすめです。

 

 

【明るく、若々しくキュートな印象】のあなたは

 

くすみなない黄みの明るい色。クリアなブライトカラーがお似合いになります。

 ライトベージュやアイボリーホワイトをベーシックカラーにして

コーラルレッド・コーラルピンク・ターコイズブルー・ブライトオレンジ・ブライトグリーン・ブライトバイオレット…といった

 明るい色を顔の近くに合わせ、ややコントラストのあるコーディネートがおすすめです。

 

 

【白目と黒目、肌・髪・目のコントラストがはっきりとした華やかな印象】のあなたは

 

黄みのはっきりとした華やかな色がお似合いになります。

 スプリングさんの中では唯一白や黒、といったベーシックカラーがお似合いになります。

スカーレット・オレンジ・カナリー・エメラルドグリーン・アクアブルー・バイオレット…といった

 はっきりとした色を顔の近くに合わせ、コントラストの強いコーディネートがおすすめです。

 

 

【肌の黄みが強く、素朴、または真逆に華やかな印象】のあなたは

 

キャメルやゴールド、オレンジなどとにかくあたたかみのある色がお似合いになります。

 ブラウン・キャメル・ベージュ・アイボリーホワイトなどのベーシックカラーに

バーミリオン・オレンジ・ネイプルスイエロー・アップルグリーン・エメラルドグリーン…といった

 黄みの強いあたたかみのある色を顔の近くに合わせ、ややコントラストのあるコーディネートがおすすめです。

16タイプのパーソナルカラーが分かると、

似合う色の特徴・傾向が分かるだけではなく、

《セカンドシーズン》といって、違うシーズンの中でも

似合う色のグループを見つけることができます。

 

例えば、全体的に色素が薄く、優しくかわいい印象で

くすみのない黄みの薄い色、クリアなパステルカラーが似合う

ライトスプリングであれば、

ブルーベースでも、薄いパステルカラーなら、似合う、

つまり、ライトサマーの色もお似合いになります。

 

このように、人によってはベースのカラーもまたいで似合う色を見つけることができ、コーディネートの幅もぐっと広がります。

 

16タイプパーソナルカラー診断の詳しい流れはこちらをご覧ください。