· 

パーソナルカラーが冬の人の特徴

パーソナルカラーが冬の人の特徴

こんにちは!

福岡でイメージコンサルタントをしているSumireです。

 

日はパーソナルカラーが冬、つまり、ウインターの方の特徴について書きますね。

あなたの特徴は当てはまっていますか?

 

ウインターさんは青みの、濃く鮮やかなビビッドカラーやモノトーンがお似合い

ウインターさんは青みを帯びたピンクベージュやオークルの肌で、血色はあまり良くない。

ピンク・ローズ系または赤みのない頬、

ダークブラウンか真っ黒で艶やかな髪、

ダークブラウン、またはブラックの印象的な瞳、

黒目と白目がはっきりとしていて、

肌・髪・目、ともに艶やかなのが特徴です。

  

《青みの、濃く鮮やかなビビッドカラーやモノトーン》

がお似合いになります。

 

真っ白な真冬のゲレンデにスキーウエアの鮮やかな色

クリスマスツリーのもみの木の緑と真っ赤なリボンの

コントラスト。ツリーを飾るイルミネーション。

凍てつく夜空のミッドナイトネイビー、そこに輝く月光や、

ネオンサイン

氷のように冷たいアイシーカラー

原色のビビッドカラー強いコントラストのモノトーン

ウインターさんのお得意のカラーです。

 

パーソナルカラーがウインターの人の印象

そんなウインターの人は

・華麗、華やか

・都会的

・モダン

・人工的

・大胆、ダイナミック

・シャープ

・ドラマティック

・ピュア

・クリア

・インパクトのある

・ドレッシー

・あざやか

・はっきりした

・強い

・激しい

 

イメージの方々が多いです。

パーソナルカラーが冬の芸能人は?

芸能人でいうとこんな方々。

 

広瀬すずさん、中谷美紀さん、堀北真希さん、深津絵里さん、黒木メイサさんなど。

何となく、ウインターな意思の強そうな、はっきりとしたシャープな印象がしますよね?

 

あなたと似た印象の人を見つけてコーディネートの参考にしてもいいですよね!

ウインターさん得意と不得意

そんなウインターの人は、

 

・冷たい感じのする

・濃く

・あざやかな

 

色を着ると、肌の透明感やツヤが増し、顔立ちがはっきりと華やかに、見えます。

つまり、ウインターの特徴を存分にいかすことができます。

 

逆に、黄みの強い色だと、

黄ばんで見えたり、顔がぼやけたり、野暮ったく見えりしてしまいます。

明るすぎる色だと顔が平面的に見えたり、膨張して見えることも!

濁った色は、せっかくの肌のツヤを消し、地味な印象にしてしまいます。

16タイプパーソナルカラー診断

ウインターの色、

もちろん、これ、全部似合うのですが…、

ウインターの色でも

「薄い色だと何だか顔がぼやけるわ…。」

とか、逆に

「はっきりとした鮮やかな色過ぎると、服の印象に顔の印象が負けてしまう。」

なんてことはありませんか?

16タイプパーソナルカラー診断では、各シーズンをさらに4つのグループに分けていきます。

16タイプ別カラーコーディネートのポイント

【白目と黒目、肌・髪・目のコントラストが強く、はっきりしている、インパクトが強く華やかな印象】のあなたは

 

青みの鮮やかなビビッドカラー。白・黒などのコントラストカラーがお似合いになります。

スノウホワイト・ブラック・シルバーといったベーシックカラーに

ビビッドレッド・ショッキングピンク・レモンイエロー・ピーコックグリーン・セルリアンブルー・ロイヤルブルー・ロイヤルパープルといったハッキリとした色を顔の近くに合わせ、コントラストの強い配色にがおすすめです。

 

 

【肌・髪・目のコントラストがあり、肌が綺麗で色白が際立つ印象】のあなたは

 

ビビッドからアイシーカラーまでくすみのないクリアカラーがお似合いになります。

スノウホワイト・シルバーグレイ・ネイビー・ブラック・シルバーなどのベーシックカラーに

マゼンダ・シアン・セルリアンブルー・アイシーピンク・アイシーブルー・アイシーブルーグリーン・アイシーパープルといった

明るく澄んだ色を顔の近くに合わせ、ややコントラストのあるコーディネートがおすすめです。

 

 

【肌・髪・目とも色素がとても濃く、エキゾチックで大人っぽい印象】のあなたは

 

深みのあるダークな色がお似合いになります。

ブラック・チャコールグレイ・ネイビー・ボルドー・グレーベージュ・シルバーといったベーシックカラーに

ワインレッド・フクシャ・フォレストグリーン・コバルトブルー・ロイヤルパープルといった

濃い色遣いで深みのあるややコントラストのあるコーディネートがおすすめです。

 

 

【クールでモダンな印象】のあなたは

 

青みの強い涼しげな色全般がお似合いになります。

ネイビー・シルバーグレイ・スノウホワイト・ブラック・シルバーといったベーシックカラーに

カーマイン・ショッキングピンク・ピーコックグリーン・コバルトブルー・ロイヤルパープルといった

青みの強いクールな色を顔の近くに合わせ、ややコントラストのあるコーディネートがおすすめです。

 

16タイプのパーソナルカラーが分かると、

似合う色の特徴・傾向が分かるだけではなく、

《セカンドシーズン》といって、違うシーズンの中でも

似合う色のグループを見つけることができます。

 

例えば、白目と黒目、肌・髪・目のコントラストが強く、はっきりしている、インパクトが強く華やかな印象のビビッドウインターであれば、

イエローベースでも、鮮やかなビビッドカラーなら似合う、

つまり、ビビッドスプリングの色もお似合いになります。

 

このように、人によってはベースのカラーもまたいで似合う色を見つけることができ、コーディネートの幅もぐっと広がります。

 

 

16タイプパーソナルカラー診断の詳しい流れはこちらをご覧ください。