· 

パーソナルカラーが秋の人の特徴

パーソナルカラーが秋の人の特徴

こんにちは!

福岡でイメージコンサルタントをしているSumireです。

 

日はパーソナルカラーが秋、つまり、オータムの方の特徴について書きますね。

あなたの特徴は当てはまっていますか?

オータムさんは黄みの、濃く落ち着いた色がお似合い

オータムさんは黄みを帯びたベージュやオークルのあまり血色のよくない肌、

テラコッタやコパーの頬、

明るめから暗めのブラウン、またはブラックの髪、

暗めのブラウン、またはブラックの瞳、

黒目と白目の境がぼやけていて、

肌・髪・目、ともにマットで艶がないのが特徴です。

《黄みの、深く濃く落ち着いたリッチカラー》

がお似合いになります。

 

紅葉したモミジや銀杏の葉っぱや、常緑樹や苔の色、といった

ナチュラルカラーや、土や幹のアースカラー

稲穂・柿・栗・パンプキン・キャロットなど深みのある実りの秋の色

マスタード・わさび・唐辛子といったスパイシーカラー

オータムさんは粋に着こなします。

 

 

パーソナルカラーがオータムの人の印象

そんなオータムの人は

・落ち着いた

・渋みのある、奥深い

・豊かな、リッチ、ゴージャス

・伝統的、クラシック

・シック、ナチュラル

・エスニック

・小粋な

・味わいのある、ムードのある…

イメージの方々が多いです。

 

パーソナルカラーが秋の芸能人は?

芸能人でいうとこんな方々。

中村アンさん、長谷川潤さん、竹内結子さん、安室奈美恵さん、吉高由里子さんなど。

オータムさんはいろいろなタイプの方がいます。

ナチュラルな感じの人、逆にゴージャスな感じや、落ち着いた知的な感じがしますよね?

 

あなたと似た印象の人を見つけてコーディネートの参考にしてもいいですよね!

オータムさん得意と不得意

そんなオータム人は、

 

・温かみのある

・濃く

・落ち着いた

 

色を着ると、

血色が良く、健康的に、肌質もソフトに見えます。

また、顔に立体感が出て小顔に見えたり、

スッキリと落ち着いた印象になります。

つまり、オータムの特徴を存分にいかすことができます。

 

逆に、青みの強い色だと、

青ざめて不健康そうに見えたり、寂しそうに見えりしてしまいます。

明るすぎる色だと、

顔が平面的に見えたり、膨張して見えることも!

あまりクリアな色だと肌がテカテカ光って見えたり、肌質が硬く見えることもあります。

16タイプパーソナルカラー診断

オータムの色、

もちろん、これ、全部似合うのですが…、

オータムの色でも

「薄い色だと何だか顔がぼやけるわ…。」

とか、逆に

「はっきりとした鮮やかな色だと、服の印象に顔の印象が負けてしまう。」

なんてことはありませんか?

16タイプパーソナルカラー診断では、各シーズンをさらに4つのグループに分けていきます。

 

 

16タイプ別カラーコーディネートのポイント

【目・髪の黒さが際立ち、はっきりとした顔立ちでインパクトのある印象】のあなたは

 

オータムの中では色味の強いこっくりとしたリッチカラーがお似合いになります。

ブラック・ダークブラウン・エクリュといったカラーをベーシックカラーに、

トマトレッド・キャロット・パンプキン・マスタード・エバーグリーン・ダックブルー・グレープ…という 

強さのある色で、コントラストのあるコーディネートがおすすめです。

 

 

【おだやかで控えめな印象】のあなたは

 

やわらかなナチュラルカラーや渋いシックカラーがお似合いになります。

エクリュ・ベージュ・キャメル・ブラウン・オリーブドラブ(カーキ+オリーブグレイ)をベーシックカラーにして

ダルレッド・サーモンピンク・アプリコット・カーキオリーブ・モスグリーン・ダルパープル…といった

 おだやかな色を顔の近くに合わせ、コントラストをつけない、全体を渋く落ち着いた色でコーディネートするのがおすすめです。

 

 

肌・髪・目ともに色素が濃く、エキゾチックで大人っぽい印象】のあなたは

 

深みのあるダークカラーがお似合いになります。

ダークブラウン・ブラック・インクブルー・エクリュといったベーシックカラーに

テラコッタ・マスタード・カーキ・オリーブ・ダークグリーン・ダックブルー・グレープ…といった

 濃い色を顔の近くに合わせ、ややコントラストのある、深みのあるコーディネートがおすすめです。

 

 

【全体の色素が茶系で落ち着いた印象】のあなたは

 

キャメルやブラウン、オレンジなどとにかくあたたかみのある色がお似合いになります。

 ブラウン・キャメル・ベージュ・エクリュなどのベーシックカラーに

トマトレッド・テラコッタ・キャロット・オレンジ・パンプキン・マスタード・ティーグリーン・エバーグリーン…といった

 黄みの強いあたたかみのある色を顔の近くに合わせ、ややコントラストのあるコーディネートがおすすめです。

16タイプのパーソナルカラーが分かると、

似合う色の特徴・傾向が分かるだけではなく、

《セカンドシーズン》といって、違うシーズンの中でも

似合う色のグループを見つけることができます。

 

例えば、肌・髪・目ともに色素が濃く、エキゾチックで大人っぽい印象で

深みのあるダークな色が似合う

ディープオータムであれば、

ブルーベースでも、ダークカラーなら、似合う、

つまり、ディープウインターの色もお似合いになります。

 

このように、人によってはベースのカラーもまたいで似合う色を見つけることができ、コーディネートの幅もぐっと広がります。

 

16タイプパーソナルカラー診断の詳しい流れはこちらをご覧ください。